スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界ランク1位で挑む全米オープン!

全米オープンはいよいよ来週ですが…


 現在のワールドゴルフランキング1位に立ったのは、
お馴染み「MIZUNO」のバイザーが超カッコイイ~、
イングランドのルーク・ドナルドです。



【Luke Donald】
↓現在使用中のギアはコレ↓
●Driver: TaylorMade R11
(9 degree; UST Mamiya Accra XC65 shaft)
●Fairway Wood: TaylorMade R9 3-wood
(13 degree; UST Mamiya Accra XC75 shaft)
●Hybrid: Mizuno Hi Fli CLK
(17 degree; Aldila NV Hybrid 85 shaft)
●Irons (3-PW): Mizuno MP 62
(True Temper Dynamic Gold Tour Issue S300 shafts)
●Wedges: Mizuno MP T11
(54 and 60 degree; True Temper DG Spinner shafts)
●Putter: Odyssey White Hot XG 7H
●Ball: Titleist Pro V1x
●Footwear: FootJoy ICON MyJoys


 このスペックを見てもお気付きだとは思いますが、 
世界ランク1位の彼でも意外と軽めのシャフトをチョイスしています。
ドライバーのシャフトが63g・・・。
アイアンのシャフトがS300・・・。
なんだか親近感がわきますよネ


 今日はそんなルーク・ドナルドについてふれてみたいと思います。

 ルーク・ドナルドには専属スイングコーチとしてパット・ゴス氏が、
又、メンタルトレーニングコーチとしてデーブ・アルレッド氏が、
それぞれ昨年のちょうど彼が活躍を見せ出した時期から影響を与えています。

 イングランドのラグビー(ナショナルチーム)のコーチだそうで、
プレッシャーがかかる場面でのメンタルコントロール術を、
効果的な練習方法の導入することで、その実力が大きく開花したのでしょう。


 アルレッド氏は「目標を設定し、そのゴールにたどり着くまでのタイムパイを
作成し実践していくサポートが役目です。目標を達成するまでのスピードと、
ダメな時に自分だけで悩まず、失敗を繰り返すより何かしらの答えが出せる分だけ、
全てにおいてルークは彼のルーティンが早く進んでいけると言ってくれます…」

 
 メンタルトレーニングは、日本では正直言ってあまり重要視されていないですが、
試合中(ラウンド)の、色々な場面や局面において、今までと違う角度から、
物事を見たり考えたりすると、非常に大きな効果をもたらしてくれるものです。


 さて来週16日から今季メジャー第2戦となる「全米オープン」が開催されます。
大統領がいるホワイトハウスから車で20分ぐらいに位置するコングレッショナルCCが、
111回目となる全米オープンの舞台となります。




 メンタルトレーニングにより、さらに強くなったルーク・ドナルドに大注目ですが、
とにかく我らが誇る日本ブランド「MIZUNO」の素晴らしさをアピールして欲しい!!

 ゴルフギアサージ全店では、6月30日までMIZUNOフェアを開催中です。
ルーク・ドナルド愛用の「MP62アイアン」や「T11ウエッジ」をこの機会に、
ぜひともトライなさってみて下さい



 ちなみ、全く関係ありませんが、西宮店T井ちゃんの息子の名前も、
LUKASAくん(略して)「ルーク」なんですが・・・W
大物に育てよと願う親心ここにあり!!
INFOMATION
更新情報メール通知登録


提供:PINGOO!
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
リンク

ゴルフギアサージ






QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。