スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末イベント情報:グラインドカーが来るんです♪

今週末のイベント情報第2弾は。。。。。。

  日時 : 9/19(月・祝) 11:00~17:00
  場所 : 当店試打室 及び グラインドカー内
  内容 : ミズノ 店内試打会 及び クラブオーダー会


mizuno_01.jpg

ミズノテクニクス(養老工場)よりグラインダー(アイアン研磨器)搭載の大型ワークショップカー

<ミズノテクニクスグラインドカー>とアイアン作製のスペシャリスト<クラフトマン>が来場。

オリジナルアイアンやウエッジはもちろんウッドに至るまで、

あらゆるオーダーに対応してくれるスペシャルなイベントです。



基本的にユーザーのわがままな注文に対しても、あまり断りを入れないで懸命に制作してくれると評判のMIZUNOのですが、過去に言われてさすがに困惑したというケース(例)を今日はご紹介したいと思います。

●「スコアラインの下にもう一本スコアラインを入れてくれないか?」

●「MP-33のバックフェースの段差をフラットにしてくれないか?」

●「“PROTO TYPE”と刻印を入れてくれないか?」

●「番手別にメッキを変えてくれないか?」

などですが、クラフトマンは基本的にプロや上級者が好む形状志向は得意なのは想像できますが、ユーザーの珍思考にも結構対応してくれるものなんですネ。

最近あったオーダー例

「MP-68のアイアンセットが欲しいのですが、"8番アイアンが上手く打てない…”」という相談があったそうです。

最終的にSTAFFとお客様協議の結果、お気に入りのMP-68のアイアンセットを選択、

しかしここからが特別で、お客様が苦手だと言われる8番アイアンから、

比較的顔がしっくりくるとお客様が判断されたMP-33の8番~PWを提案されたそうです。

その際にグラインドカーSTAFFが施したのは↓↓↓

1)MP-68の7番アイアンの形状に沿って8番アイアン以降をMP-33で製作する。
2)ロフトの寝ているMP-33をMP-68に合わせてロフトを立てる。
3)立たせたロフトのFP値を修正する。
4)要望により0.5ミリストレートネックにする。
5)刻印を変更して違和感の無いバックフェースに仕上げる。
6)統一のオプションメッキでの仕上げ。
7)ダイナミックゴールドの仕様を合わせる。
8)刻印に入れるカラーを合わせる。
9)要望によりネックにあるGRAIN FLOW FORGEDの刻印を削除。
上記すべてをお客様とご相談の上で作り上げることが可能なのがグラインドカーなのです。


その他にも通常よく組まれるコンビアイアンで、ロングアイアンから徐々にキャビティ→マッスルバックという感じで移行していくオリジナルコンビアイアン等のオーダーは頻繁にあるそうです。


あなたのわがまま、一度MIZUNOのグラインドカーで言ってみましょう。

世界に一つだけのスペックがプロ気分で作り上げれるかも…ですよ(^^)v


今回のイベントは予約制になっておりますので・・・。

店頭・お電話での、お問い合わせをお待ちしております。





INFOMATION
更新情報メール通知登録


提供:PINGOO!
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
リンク

ゴルフギアサージ






QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。