スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスイブイブの本日はBS試打会!!

どーも西宮店のマニアック高井です。

 突然ですが、ブリヂストンのニューモデル「ツアーステージV-iQ」をもう試打されましたでしょうか?
この「V-iQ」も今回のモデルで5代目となり、日本のアベレージゴルファーから多大なる支持を受けてきたからこそのロングセラー商品なんですよね。 

 
 ちなみに、お客様からよくある質問に、「ViQってどういう意味?」というのがありますが、これについてお答え致しましょう。

 「ViQ」の名の由来は、「ツアーステージ」ブランドのアベレージモデル「Vシリーズ」の「V」と、「iQ(intelligence quotient = 知能指数)」とまあ~あまりひねりはないのですが(笑)。



 この5代目V-iQ、今後のゴルフクラブの流れを変える分岐点になるかもしれない…と勝手に思ったりしています。というのは、これまでV-iQの定価は1本7万8750円でした。今回発表された5代目V-iQは1本5万8800円と、国内メーカーモデルとしてはかなり安価な価格設定です。お客様目線で考えれば、良い商品が安価で手に入るのはうれしいことです。我々販売店目線でも、これが起爆剤になって市場が活性化してくれればと願っておりますが…。



【V-iQ5代目の特徴】
 

 まず一番の特徴としてはソールですね。4代目(前作)は後部にウエートとターボラバーが一体で装着されていましたが、5代目V-iQではこれが別々になったんです。ターボラバーは前作同様プレート型で内蔵されていますが、ウエートはネック側に設定されています。

 次にフェース面について、前作はフェース面にもターゲットアイが設定されていましたが、5代目V-iQは少し変更されて、「V」字っぽいラインが設定されています。

 
 かまえてみると、前作よりも若干ディープ化されたように感じます。クラウンの形状自体はほぼ変化が無いように思いますが、ターゲットアイが一新された事により、5代目V-iQはより打点を意識させてくれる設定になっているように感じます。クラウンのラインが、ボール位置を示すように設定され、フェースの「V」はこのラインと連動していて非常にラインが出しやすいです。


 実際に試打頂いたお客様の評判、お買上頂きましたお客様の評価を総合してみても、「飛ぶ」という意見が大半を占めており、前作との飛距離比べでも、軽くオーバードライブをしているとか…(汗)。


 打感についてもしっかりとした弾き系ドライバーだと思います。「パチ~ン!!」と当店試打室でも軽快な音が響いてくれば、その時はいつも「ViQ」を手にされていますから。この打音からも当たり負けしないドライバーだということは容易に想像できますね。


 試打を頂いたお客様の弾道を総合してみると、やや高めの中弾道でプシュ~ンという感じの直球系です。個人的には前作よりも、インパクト時にヒップダウンしている感じが少ないのは非常に好印象です。つまりレベルブローに打てる感じがするので、結果的に強弾道が出るようになったのではと想像しています。

 
色々とツラツラ書きましたが、マニアック高井が言いたいのは、「この感触、そして貴方に合うカスタムシャフト等を体感して頂きたい!!」という事なのです。

 クリスマスイブイブに、ブリヂストンの名物美人フィッター森さんに、貴方にピッタリのスペックを見付けてもらいませんか?自分へのご褒美、大切な人へのプレゼントは是非この機会にどうぞ(^^)v





☆12月23日(祝)≪*クリスマスイブイブ(Q-IVIV)≫

☆ゴルフギアサージ西宮店

☆ブリヂストン店内試打会

☆11:00~17:00


 


INFOMATION
更新情報メール通知登録


提供:PINGOO!
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク

ゴルフギアサージ






QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。