スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHITE BREAK! 第1弾

まいど 岩ちゃんです
先日、テーラーメイド主催のWHITE ACADEMYに参加してきました
近日続々発売となります白ヘッドシリーズの勉強会でございます

2/24(金)発売 → R11Sドライバー/R11Jドライバー&FW
3/ 2(金)発売 → RBZ(ROCKETBALLZ)シリーズ (レディースモデル有)
3/23(金)発売 → GLOIREシリーズ (レディースモデル有)


というわけで、それぞれご紹介させて頂きたいと思います。
まずは、第1弾として、「R11」について。。。
whiteacademy1.jpg

昨年大ブレークした白ヘッドが、更なる進化を遂げた「R11Sドライバー」が新登場です。

まずはヘッドが460ccと大型化
デザインの変更により、空気抵抗を軽減する事に成功し、クラウン内側のディンプル形状を施す事
により軽量化低重心化にも成功!
スイートエリアの拡大ヘッドスピードアップ初速アップといった最高性能を発揮するクラブに
仕上がっております。
さらに、弾道調整機能も進化しております。
前作では48通りのポジション変更が可能でしたが、80通りのポジション変更が可能となりました。
ロフトは±1.5度。フェースアングルは±3度の調整ができます。

<ケース1 : どうも弾道が低いなぁ・・・>
まずはシャフトのスリーブポジションを「HIGHER」に変更し、ロフト角を1.5度上げます。
これにより、スピン量も増えて高弾道の球が打てます。但し、このままだとフェースアングルが
オープンになってしまいますので、ソールプレートをC+に変更し、3度クローズにします。
これにより、9度のクラブが10.5度でストレートフェースのクラブになるんです。

<ケース2 : 風が強いから今日は低い球で攻めたいなぁ・・・>
まずはシャフトのスリーブポジションを「LOWER」に変更し、ロフト角を1.5度下げます。
これにより、スピン量も減り弾道は低くなります。但し、このままだとフェースアングルがクローズ
になってしまいますので、ソールプレートをO+に変更し、3度オープンにします。
これにより、10.5度のクラブが9度でストレートフェースのクラブになるんです。

これだけ調整できれば、お好みの弾道で必ず打てる「失敗の無いクラブ」ですよね

シャフトは、標準の「Motore60/55」の他、「ROMBAX Type-X 65」、「TourAD BB-6」、「FUBUKI k60」
「ATTAS3 6」を用意しております。


そして、日本限定モデルとして「R11Jドライバー&FW」も新登場

こちらは、R11ドライバーを更に軽量化長尺化した慣性モーメントが大きく、易しいモデルとなって
おります
R11では球が上がりにくい方でも、こちらでは楽に球が上がり、そして飛んでくれます。
弾道チューニングは簡素化され24通りとなっておりますがヘッドスピードが落ちてきた中高年の強い味方
になる事間違いなしでございます

合わせて、こちらのシリーズではフェアウェイウッドも新登場
ドライバー同様軽量で振りやすく、R11FWよりも20cc大型化されております。
更にはチタンフェースとなり飛びにもこだわった仕上がりです


えらい長々と書いてしまいましたので 今回はこのへんで。。。

ちなみにR11Sの「S」は「SPORT」から取っており、
R11Jの「J」は日本限定モデルという事で「JAPAN」から取っているそうです。





INFOMATION
更新情報メール通知登録


提供:PINGOO!
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク

ゴルフギアサージ






QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。