スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金環日食にワクワク、イベントDEワクワク。

2012年5月21日、朝6時から9時ごろにかけて、日本の多くの地域で金環日食が見られます。




気合いを入れて「日食グラス」を購入した上野です。

奇跡的に休日なので

早起きして、観察をしようと思います



東京では173年ぶり、名古屋ではなんと932年ぶり

西宮にいたっては282年(!)
という超レアなイベント。


これヲ見ないわけにはいかないでしょ(^^)v



金環日食はその名の通り「日食」の一種です。

ベタですが「日食」とは日本食品とはちゃいますよ(笑)



まずは日食の仕組みを考えてみましょう。

日食には太陽と地球、そして月が大きく関係しています。

地球は太陽の周りを回っています。

そして月は地球の周りを回っています。

太陽、月、地球の順に一直線に惑星直列で日食が起こります。






このような状態のとき、Aから太陽を見ても、ちょうど間に月がありますね。

この状態だと、太陽からの光は月で遮られてしまいます。

太陽を電球、月をボールで置き換えてみるとよく分かります。

自分の目と電球の間にボールがあれば、電球は見えませんよね? 

これと同じことがものすご~く大きなスケールで起きているわけです。

一直線に並んでいる状態で、自分の目からボールを離していくと、
当然ボールの見た目は小さくなります。

そして、電球の大きさよりもボールが小さくなれば、電球の外側の光は見えますよね。
これが金環日食の状態です。

一方、ボールを自分の目に近付ければ、ボールの見た目は大きくなり、
電球の光を全部隠してしまいます。

これが皆既日食の状態です。

今回は月が遠い位置にあるので、金環日食が起こります。

金環日食について、お分かりいただけましたか? 

壮大なドラマにワクワクしてきたでしょう? 

これを逃すと、次に日本で見られるのは早くても18年後。

東京だとなんと次は300年後です。

今回見ておかないともう見られませんよ!

21日はちょっと早起きして東の空をチェックです!

晴れててくれえ~~!!


 (NIKE金環日食20XI金環日食前々日)

(タイトリストツアーバン金環日食前日)

●19日、マグレガー店内試打会&NIKEボールキャンペーン
●20日、タイトリストツアーバンフィッティング



そうそう、最後にちょっとだけお願いです。

太陽を直接肉眼で見ると紫外線で目が痛んでしまい大変危険です。

観察には必ず日食グラスを使ってくださいね。

今なら書店などに行けば売っています。

また、外で見る際には周囲に気をつけて、動かずに見るようにしましょう。

よそ見して歩くと危ないことになりますから~


観測前に・・・。

サージ西宮店イベントに参加されるのも

  お忘れなく


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。